廃遊園地の殺人

個数:1
紙書籍版価格
¥1,980
  • 電子書籍
  • Reader

廃遊園地の殺人

  • 著者名:斜線堂有紀
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 実業之日本社(2021/09発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784408537931

ファイル: /

内容説明

銃乱射事件のため廃墟となった遊園地。時を経て集められた廃墟マニア、そして事件は起こる。新世代の旗手が紡ぐ本格ミステリ!


失われた夢の国へようこそ
この推理、未体験ゾーン。


新世代の旗手が紡ぐ今年度の大本命!待望の本格ミステリ長編!


プレオープン中に起きた銃乱射事件のため閉園に追い込まれたテーマパーク・イリュジオンランド。廃墟コレクターの資産家・十嶋庵(としまいおり)はかつての夢の国を二十年ぶりに解き放つ。狭き門をくぐり抜け、廃遊園地へと招かれた廃墟マニアのコンビニ店員・眞上永太郎(まがみえいたろう)を待っていたのは、『このイリュジオンランドは、宝を見つけたものに譲る』という十嶋からの伝言だった。それぞれに因縁を抱えた招待客たちは宝探しをはじめるが、翌朝串刺しになった血まみれの着ぐるみが見つかる。止まらない殺人、見つからない犯人、最後に真実を見つけ出すのは……

最注目の俊英による廃墟×本格ミステリ!

【目次】
第一章 失われた夢の国
第二章 着ぐるみに死す
第三章 燃える迷宮
第四章 事件は巡る、星は回る
エピローグ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

麦ちゃんの下僕

279
斜線堂さんが「特殊設定ではない」本格ミステリーに挑んだ意欲作!廃遊園地という“広すぎるクローズドサークル”(笑)…闇夜に蠢くギャニーちゃん(笑)…コンビニのバイトで培ったスキルを活かして謎を解く探偵役(笑)…と、実にユニークで魅力的な作品でした♪︎ そして、今作で特筆すべきなのは「ホワイダニット」の秀逸さ!作中で指摘される大小様々な事象の「なぜ?」が、どれも意外性と説得力を兼ね備えていて何度も唸らされました!人物像など若干書き込み不足かなぁ~という印象もありますが…今後のシリーズ化も期待できそうですね♪2021/10/09

パトラッシュ

271
クローズドサークルミステリは孤島か大邸宅で展開するのが基本だが、廃墟とはいえ遊園地は規模が大きすぎた。凝りすぎた舞台設定と殺人方法に加え、フェアとは言い難い複雑怪奇な謎解きを理解できた読者がどれだけいたことか。20年前に遊園地が開園されるまでの経緯描写もリゾート開発の現実を知っていれば嘘くさすぎるし、謎の資産家が廃遊園地を買収するなどおとぎ話かと言いたい。あまりにリアリズムが無視されお化け屋敷に集約される有様は、もはやファンタジー小説に近い。この作者は小説でなくジャンプマンガの原作者にでも転向すべきでは。2022/03/28

刃の下に心あり

172
★4つ。廃遊園地に招待された客達、クローズドサークル、宝探し、20年前の銃乱射事件、巻頭にはカラーで園内マップまで用意されており、ワクワク感満載でした♪伏線も上手く回収され、面白かったことには違いないですが、敢えて注文するならば、これだけ魅力的な設定の割には少し物足りなさを感じてしまいました…。ハードルを上げすぎた感があるのかもしれませんが…。少しだけ廃墟に興味が沸きました♪☺2021/09/23

ちょろこ

151
伏線回収は良かった一冊。本格廃墟ミステリ。かつて起きた銃乱射事件によって閉園、廃墟と化した遊園地に集められた元スタッフや廃墟マニアのメンバー。始まるお宝探しの傍ら起きた殺人事件。なんだけれど、盛り上がりまでが長い。なので正直退屈感は否めない。けれど伏線回収は良かった。思い返すとカチッとくる感覚を味わえたのは気持ち良い。しかも暴かれた真相はなかなかの予想外の重さ、そしてコンビニ店員の洞察力、推理力が新鮮な面白さ。人間観察に長けるお仕事なんだな。彼はこれからも廃墟を彷徨い歩くのかな。2021/12/12

machi☺︎︎゛

142
斜線堂有紀さんの前作が面白かったし今回のタイトルもすごく面白そうだしワクワクしながら読み始めたけれど、まず登場人物が多い、そして名前がみんな読みにくい。そのせいで初めの主要登場人物のページを何度も見たりしてなかなか話に入り込めなかった。内容は、ある遊園地のプレオープンの日に殺人事件が起こりその為廃遊園地になったイリュジオンランドに何かしらの理由で集められた10人。その10人はどうして選ばれたのか。過去に何があったのか。最後まで読むと過去と今が繋がり面白かった。2021/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18352296
  • ご注意事項