集英社文芸単行本<br> 本日も晴天なり 鉄砲同心つつじ暦

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,925
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社文芸単行本
本日も晴天なり 鉄砲同心つつじ暦

  • 著者名:梶よう子【著】
  • 価格 ¥1,925(本体¥1,750)
  • 集英社(2021/03発売)
  • もうすぐ大型連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/25)
  • ポイント 425pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087717464

ファイル: /

内容説明

時は幕末。江戸城下、大久保の地。長く泰平の世が続き、代々この地を守ってきた鉄砲同心たちは火薬の原料を転用したつつじ栽培の内職に励み、時季には美しい花々を求めて多くの人が集まる江戸名所となっていた。礫家は鉄砲同心の御役に固執する頑固者の老父・徳右衛門、つつじ作りに類まれな才を発揮する息子・丈一郎、物忘れが多くなってきた祖母・登代乃、温和な母・広江、勝気な嫁・みどり、生真面目な孫・市松の六人暮らし。喧嘩も笑いも絶えない一家が大小様々な事件に巻き込まれて――。温かな“お江戸家族小説”。

目次

化けむじな
市松哀歌
火薬の加役
縁の花
秘してこそ
花弁の露