実験医学<br> 治療の概念が変わる かゆみのサイエンス - その理解から皮膚炎の悪循環を断ち切れ

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy

実験医学
治療の概念が変わる かゆみのサイエンス - その理解から皮膚炎の悪循環を断ち切れ

  • ISBN:9784758125406

ファイル: /

内容説明

「かゆい・掻く・皮膚炎」の悪循環を断ち切るべく,近年理解が進む,かゆみの発生から伝達・知覚までの詳細メカニズム.今注目のアトピー性皮膚炎治療薬とあわせ,最新情報をお届け/他,コロナ禍での海外留学事情も

目次

<特集>治療の概念が変わる かゆみのサイエンス その理解から皮膚炎の悪循環を断ち切れ
企画/入江浩之,椛島健治
概論―かゆみ研究の現在地
かゆみメディエーターとイッチ・スクラッチ・サイクル
皮膚における感覚神経サブセットの分布とかゆみ
かゆみにおけるグリア細胞の働き
中枢神経におけるかゆみの知覚メカニズム
かゆみを起こす病態・疾病とその治療標的
アトピー性皮膚炎のかゆみメカニズムと治療戦略

<いま知りたい!! >
どうする? コロナ禍での海外研究留学
1)行くべきか,行かざるべきか,コロナ世代の研究留学問題(ヒューストン,PI)
2)コロナ禍で変化したイタリア研究留学生活(パドヴァ,ポスドク)
3)全米初コロナ感染者・死者がもたらした研究体制の変化(シアトル,ポスドク)
4)留学中のコロナ戦争:混乱のマンハッタンで見えたもの(ニューヨーク,ポスドク)
5)withコロナ時代の米国大学院留学(ヒューストン,大学院生)

<連載>
News & Hot Paper Digest
近未来の発生学研究に向けて: 「ヒト胎児細胞アトラス」初版の完成
成人膵島の内分泌前駆細胞を発見
力学系モデルを用いた感覚運動変換メカニズムの解明
がん治療の「例外的奏効データ」から得る新治療アプローチの手がかり

カレントトピックス
新型コロナウイルス感染における免疫記憶の異常:二次リンパ器官の所見からの考
RNA dynamics recording:RNAの運命を記録する
ノックイン型アルツハイマー病モデルマウスでは,場所細胞のリマッピング機能とグリッド細胞が失調する
2種類の腸内細菌が相乗的に中枢神経系炎症を促進する
胸腺線維芽細胞による中枢性免疫寛容の制御

クローズアップ実験法
「GlyCosmos」利用ガイド 糖鎖の何がわかる? 何ができる?

続・創薬に懸ける
ドネペジル(アリセプト)創薬物語

ラボ百景
ゲノムDNAとRNAの高次構造からなる脳の個性・病態を研究する

Conference & Workshop “開催しました”
ENCODE3勉強会

ラボレポート―留学編―

Opinion-研究の現場から

バイオでパズる!