神のデザイン哲学 GOoD DESIGN

個数:1
紙書籍版価格
¥1,980
  • 電子書籍
  • Reader

神のデザイン哲学 GOoD DESIGN

  • 著者名:鈴木エドワード【著】
  • 価格 ¥1,782(本体¥1,620)
  • 小学館(2019/07発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784093882996

ファイル: /

内容説明

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

世界的建築家によるデザイン哲学、人生論。
 
著者の鈴木エドワード氏は、ハーバード大学大学院卒業後、バックミンスター・フラー、イサム・ノグチ、丹下健三という 3人の師のもとで学びました。1977年、鈴木エドワード建築設計事務所(ESA)を設立し、建築デザインを生涯の仕事として35年。著者は「人の幸せとは何か、生きる意味は何か…人が暮らす空間設計を通し、繰り返し考える機会に恵まれました。そして物理学は実は人の生き方、在り方そのものにつながる学問であり、追求する真理への異なるアプローチである」ことに気づきました。
 本職の建築設計の他に、物理学、化学、生物学を学んだ著者が名付けた「GOoD DESIGN」とは、エネルギー消費を最小限に抑えつつ最大限の効果を得るデザインを追求することであり、それはすなわち「自然(宇宙)の仕組み」そのものです。耐震性などの建築構造の基本から、エネルギーや原子の仕組みに至るまで、建築家・鈴木エドワード氏が提唱する「GOoD DESIGN」(ゴッド デザイン)、神のデザイン哲学についてまとめ上げた本です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かりん

3
4:《導かれて読んだ本。人智を超える何かを思う。》発売当初、書店で惹かれてだいぶ悩んだ本。最近、通勤路に彼の事務所が設計したビルが建設中なのを発見して、ついに。しかも、読みながらさいたま新都心駅(代表作のひとつ)に行ったりして、ご縁を感じる本です。建築論というより、自然や世界のあり方をエドワードさんがどう見つめ、解釈・行動したかという話。「これを得た!」と明確なものがある読書ではないですが、じわっと世界観が広がる。競争より協力。他人の中に自分を見つける。真空はバキュームではなくプレナム。生命はパターン。2014/10/11

tao

0
冒頭の『はじめに』だけで十分かもしれない。根に『愛』を持ってきた所はかなり感動した。自分が課題にしている事と重なったため。2013/08/02

MO

0
前半では尊敬するフラーの偉大なる業績を紹介しつつ、自然や環境保護を啓蒙し、地球や次世代にまで気を配る自身の紹介を兼ねつつ後半に向けては、アインシュタインやブルース・リプトン博士の名前を出しながら、原子からなる生き物はエネルギー体である、と最近流行りのロジックなスピリチュアル話になってきます。自身の人生を絡めながら、環境保護、スピリチュアリティ、フラーの紹介という多くの要素を入れながらもバランスよく本になっているのは文章構成のうまさでしょう。スピ業界の人にも読んで欲しい。2019/09/05

そら

0
書いてある内容が薄かった 哲学というよりは一言に言い換えた感じ2018/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6800052
  • ご注意事項