おいしい料理は愛情と工夫から

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

おいしい料理は愛情と工夫から

  • 著者名:源川暢子【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 日経BP(2019/06発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822292560

ファイル: /

内容説明

名古屋を拠点に、給食業界で国内トップ10へ入るまでに成長を遂げた日本ゼネラルフード。同社が提供する「おいしい給食」を食べたことがあるだろうか。同社ではレシピやマニュアルにとらわれず、お客様のことを考え、要望に応えた料理を提供する。一般的な給食会社では考えられないやり方だ。給食というより、レストランに近いスタイルと言えるだろう。

同業他社が決して真似できないこの文化を生み出したのが創業者・杉浦貞男氏だ。そして、二代目社長・西脇 司氏がこの文化を根づかせ、日本ゼネラルフードを給食業界屈指の会社へと導いてきた。学生アルバイトから大学新卒で日本ゼネラルフードに入社、ありとあらゆる給食の現場を体験し、社長に昇りつめた西脇氏は、自らを「給食の神様」だと話す。

50年余りに渡る日本ゼネラルフードの歴史の中には、ピンチもチャンスもあった。「給食の神様」を育てた、日本ゼネラルフードの“奇跡”。本書は、ある小さな企業の成長物語であり、「おいしい給食を提供すること」に使命感を持って働く人たちの物語である。

目次

■序章 50年前、社名に託した壮大な夢

誰でも一度は食べる「給食」
世界に通用する「日本一」の給食会社を創る!

■第1章 おいしい給食を目指した挑戦

スタートは地元大学の学生食堂
給食の出来不出来は、人の出来不出来

■第2章 ペンギンは、いつか空を飛ぶ

コントとともに広まった“おもろい会社”
5Sは“給食の一丁目一番地”

■第3章 “商店”から“組織”へ第二の創業

“給食の神様”を育てた日本ゼネラルフード
M&Aはさらなる飛躍への序章

■第4章 “名古屋のペンギン”が大舞台へ

「経団連」加入で給食業界の先端へ
創業者 杉浦貞男氏との別れ

■第5章 おいしい給食は人を幸せにする

ギャップから生まれる感動
一人ひとりのオーナーシップを育む


コラム:NGFと歩んできた人たち

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tetsubun1000mg

8
名古屋発祥の学校給食、病院食、社員食堂の専門会社「日本ゼネラルフーズ」の成長歴史本。今では経団連の会員会社となっている。 自分自身でも三重県と愛知県で4,5日の短期入院の経験が有ったが、看護師さんが「いまの病院食はおいしいですよ」と言われました。 想像していたのとは違って、温かい料理がでてきて食事が楽しみになるほどでした。 この会社かどうかは分かりませんが、レベルが上がってきていることに驚きが有りました。 競争しているんですね。 勉強になりました。2019/05/06

AKI

2
5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)は給食の1丁目1番地2019/04/04

moru

0
昔の会社の取引先であったご縁から購読した。 2020/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13613165

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。