講談社文芸文庫<br> 完本 太宰と井伏 ふたつの戦後

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文芸文庫
完本 太宰と井伏 ふたつの戦後

  • 著者名:加藤典洋【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 講談社(2019/05発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ。」(「ヴィヨンの妻」)四度の自殺未遂を経て、一度は生きることを選んだ太宰治は、戦後なぜ再び死に赴いたのか。井伏鱒二と太宰治という、師弟でもあった二人の文学者の対照的な姿から、今に続く戦後の核心を鮮やかに照射する表題作に、そこからさらに考察を深めた論考を増補した、本格文芸評論の完本。目次太宰と井伏 ふたつの戦後太宰治、底板にふれる――『太宰と井伏』再説解説 與那覇潤