日米衝突の根源 1858 ‐1908

個数:1
紙書籍版価格
¥1,980
  • 電子書籍

日米衝突の根源 1858 ‐1908

  • 著者名:渡辺惣樹
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 草思社(2018/07発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794223340

ファイル: /

内容説明

日米開戦は、日露戦争期からすでに想定されていた―
ペリー来航以降、セオドア・ルーズベルトによるポーツマス条約仲介まで、アメリカは日本史からほぼ姿を消している。
だが、日本の明治期にあたる1858~1908年の半世紀にアメリカで起きていた出来事こそ、日米衝突を不可避なものとする要因となったのだ。
国内産業保護を基軸とするアメリカン・システムの綻び、イギリスを筆頭としたヨーロッパ諸国との領土紛争、国内の人種問題…良好な関係にあった日本を仮想敵国と見なすまでのアメリカの動きを、米側史料によって詳細に描き出して太平洋戦争の起源に迫る。