お寺ごはん

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

お寺ごはん

  • ISBN:9784799312483

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

今話題の料理僧KAKUさんが教える、家でつくれるお寺のレシピ99。

たった3ステップで、食べれば心もカラダもきれいになれる
お寺の料理が、気軽に家で楽しめる。

お肉のみならず、お魚も使わないお坊さんのお料理は、低カロリーでヘルシー。かつ、お野菜をたくさんいただくことで、デトックス効果も期待できます。

たとえば、マヨネーズを使わないポテトサラダ、お肉の代わりにお麩を使った「肉じゃが」、もとい「お麩じゃが」など。

奈良の時代から、もっとも長寿な職業として知られる
お坊さんの食事を、修行気分で家で楽しんでみませんか?

丁寧につくったものを丁寧にいただくことでカラダの中からキレイになると、心も自然と整います。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シブ吉

57
ページをめくるたび、その盛り付けされた料理の美しさに釘付けとなりました。肉や魚を使わない精進料理といいながらも、十分栄養が摂れそうな料理の数々に、食べてみたい品が続出しました。だしの取り方から、最後のデザートまで、その丁寧な料理法に、料理を通した精神修練(安定)を思わされ、作る、食べる、何気無い毎日の行為に対し、日々「感謝」しなければならないと感じさせられました。しかし、炊き込みごはん、雪鍋、その他モロモロ含め、見れば見るほど美味しそうです。2013/03/10

mai

48
手間のかかるレシピが少なく作りやすいものがおおかったです。「しっとりおから」を作ってみましたがとっても美味しかったです。冷蔵庫で一晩寝かせたら味がしみ込んで絶品でしたヽ(*^^*)ノ2014/11/29

どぶねずみ

43
丁寧に作り、丁寧にいただく。食べるというのは他者の命を奪って、自分の体に取り入れること。自らの生のために、摘み取られた命に思いを馳せ、畏怖と感謝を持っていかねばならない。仏教を背景に生きる知恵が伝わる一冊。2018/08/30

くぅ

35
そうなんだよなぁ。野菜の皮とかもちゃんと煮れば出汁が出るんだよなぁ。わかってるけど、そのまま捨てちゃう。それがいけないなぁと反省。日々の暮らしに追われると手早くチャッチャと作って済ませたくなるけれど、それについても少し反省。手間をかけて丁寧に。いつもは無理でもたまには。胡麻豆腐は作ったことがないけれど、作り方が載ってて楽しかった。葛粉で固めてるんだね。野菜の皮について飛竜頭に混ぜてしまうっていうのも美味しく食べられていいなと思った。今日は梅ときゅうりの和え物でも出そうかな♪2020/03/05

ichi

29
【図書館本】どれもこれも作ってみたくなるレシピばかりです!野菜・豆腐を利用したおかず、汁物そしてデザートまで…。難しくないので作ってみたい!2016/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5630400

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。