花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生


ファイル: /

内容説明

1920年代、アメリカ南部。オクラホマ州の先住民保留地で20数名が相次いで殺される事件が発生。のちのFBI長官フーヴァーと敏腕捜査官ホワイトが、石油利権と人種問題が複雑に絡む陰謀の真相に迫る。『ロスト・シティZ』の著者が放つ傑作ノンフィクション