創価学会秘史

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

創価学会秘史

  • 著者名:高橋篤史【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 講談社(2018/02発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062209571

ファイル: /

内容説明

創価学会が完全に封印し、幻の文書となった会報、機関誌を独自に入手。浮かび上がってきた牧口常三郎、戸田城聖、そして池田大作の肉声。初期の創価学会は、左翼運動で検挙された元教員たちを取り込み、特高警察や思想検事と手を結んで「転向」を促すことで組織を強化した。戸田城聖は戦後、出版業や教育産業、金融業に乗り出すが、失敗。学会は、巨大な「集金マシーン」へと姿を変えていく――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

coolflat

20
創価学会は、世間、ましてや創価学会員にさえ、1950年代以前の歴史を隠し(ているどころか、歴史の改編が行われ)ている。なぜ隠しているのか。当時の学会が、特高警察と蜜月関係にあった事。牧口・戸田らは、軍国ファッショとの対決を辞さなかった末に、治安維持法で逮捕されたと語られているが、事実は違う(事実は国家神道を否定したから)という事。曲がりなりにも、反戦平和路線をとる創価学会が、なぜ日本会議を中心とする歴史修正主義者らとつるんで安倍政権を運用しているのか。なぜ安倍ら歴史修正主義者と親和性があるのか。よく分かる2018/09/09

kenitirokikuti

8
2018年刊行。一般には入手困難な、創価学会の古い機関紙誌を利用。古いものから、『新教(のち教育改造)』『価値創造』戦前版、『大善生活実証録』『価値創造』戦後版、『大白蓮華』、『聖教新聞』。著者によると、創価大附属図書館が所蔵・公開する『聖教新聞』(創刊1951.4)は1980から、創刊1949.7の大白蓮華は1971年から(立正佼成会の附属図書館にはあり)。本書は『新教』の大半と戦前版『価値創造』のコピーを得て執筆された▲かつて矢野絢也、竹入義勝が攻撃されたが、そのときに故・矢島周平も批判(古参の幹部2019/10/12

kenitirokikuti

6
読み終わった。最近、佐藤優の創価学会本を数冊読み直したのだが、その後ろにあるモノを埋めるもの。10年前の創価学会による公明党の矢野・竹入の排斥って何やねん?という疑問への問いの答えも同根であった。まァ、三代目・池田大作の死後にどういう体制を取るかって話なのは明らかなんだけど、経営コンサルのアクセンチュア社の助けを有りてプロジェクトを組んだようだ。まぁ、常識的に「信心が足りないから死に顔が醜くなる」とか折伏大行進時代のエゴい罵詈雑言を切り話すわな、ってとこ。正当性を担保するために「師弟不二」が採用される。2019/10/13

meòrachan

0
大きくなる前,結成初期の勢いで駆け上がっていく頃がITバブルの頃の起業家の人たちと重なって見えた.2021/06/05

コギー

0
三度目の再読。2020/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12681301

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。