角川選書<br> 日本画とは何だったのか 近代日本画史論

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

角川選書
日本画とは何だったのか 近代日本画史論

  • 著者名:古田亮【著者】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • KADOKAWA(2018/01発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784047036253

ファイル: /

内容説明

伝統絵画と西洋画の接触が産み落とした、近代日本画という新たな表現。それは明治以後の画家たちに、近代とは、西洋とは、国家とは何かという不断の問いを突きつけることとなった。国家主義を揺籃とした明治期、皇国感情のなか成熟を迎えた大正・昭和初期、そして戦後に浮上する日本画滅亡論を超えて、日本画はどこへ向かうのか──。その成り立ちと多様性を時代ごとの様式の変遷から描ききる、圧巻の百年史。

 【目次】

序 論

第一章 江戸時代
1.江戸後期/日本画のはじまり
2.幕末明治/プレ近代日本画

第二章 明治前期
1.明治十年代後半/一八八〇年代
2.明治二十年代/一八九〇年前後

第三章 明治後期
1.明治三十年代/一九〇〇年前後
2.明治四十年代/一九一〇年前後

第四章 大正・昭和初期
 1.大正期/一九一〇-二〇年代
 2.昭和初期/一九二〇-三〇年代

第五章 戦中・戦後期
 1.戦中期/一九三五-四五年
 2.戦後期/一九五〇年前後

終章 日本画の今日的問題
 1.「場」の問題
 2.日本語と日本画
 3.今日的状況、展望

 年表
 参考文献
 あとがき