集英社文庫<br> 箱根たんでむ 駕籠かきゼンワビ疾駆帖

個数:1
紙書籍版価格 ¥550
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
箱根たんでむ 駕籠かきゼンワビ疾駆帖

  • 著者名:桑原水菜【著】
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • 集英社(2016/12発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087468885

ファイル: /

内容説明

東海道随一の難所、箱根路。箱根山を越えて西を目指す旅人で賑わう小田原宿で、ひときわ威勢のいい駕籠かきが侘助と漸吉の二人組だ。年の頃と背丈が近いという理由で親方に組まされた二人だが、とにかく息が合わず、喧嘩ばかりの問題児。そんな二人が、商売敵と「箱根一」をかけて勝負することになり――。箱根を舞台に、少年たちの成長と友情を生き生きと描く青春時代小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キキハル

29
小田原宿から箱根宿まで、天下の嶮もなんのその。泣く子も黙る箱根関所も楽々超えてみせやしょう。安心安全、酒手は取らず。俊足、人情、男っぷりはどれもピカイチ。箱根のお山の早籠は寅組のワビセン様にお任せだ~!というわけで『炎の蜃気楼』も積んだまま新作を読んじゃいました。短気で元気玉の漸吉と目元涼しい小粋な侘助。二人が担ぐお客との騒動が楽しい。特に色男五人衆による酒池肉林な宴が最高に笑えます。威勢の良さで駆け抜けた4編ですが侘助が語らぬ過去話がありそうな気配。続きも楽しみです。ちなみにBでLな展開はありません。笑2012/09/28

ううち

21
初読み作家さん。箱根を舞台に若手駕籠かきコンビが元気いっぱいで楽しい。ちょっとした謎解きや人情話がテンポよくて読みやすかったです。侘助の過去が気になります。続き出ないかな。2015/05/11

min2

19
小田原から芦ノ湖までの箱根路を歩いていくのはツラい。それは江戸時代とて同じこと。そんなとき利用するのが駕籠。漸吉と侘助は年若い駕籠かき。コンビではあるけれど、とにかく気が合わない。そんなとき、ある客から前後を変えてみては…と提案され…?青春時代小説、とあるが、二人が成長していく様があまり感じられず、謎解きやら人探しやら事件に気をとられました。話自体は面白く、まだ侘助の過去も明らかになっていないし、漸吉の産みの親も謎のまま。続編あるのかな~。楽しみにしてます。2015/08/12

☆kubo

14
舞台は江戸時代の箱根だけど、現代風で読みやすいです。主人公は若い駕籠かき、元気で単細胞系の漸吉と、クールな侘助の二人組。侘助の方は教養もあるし、過去に何かあった感がアリアリなので、そのうち続編がでるんでしょう。後書きがなくてちょっと物足りない(笑)2013/02/08

mayuri(Toli)

10
最初は喧嘩ばかりしている漸吉と侘助の二人に、ハラハラドキドキしてしまい、読む手が止まってしまいましたが、表題作の中頃から面白くなって来て一気に読めました。面白かったです。文章の癖など、気になるところもあるのですが(何かにつけておなごと多用したりとか)さすが桑原さん、色男を書かせたら一品だなあと思いました。ちなみに私は旋風次の兄貴が好きだなあ。ただ、とっても爽やかなので、いわゆる「桑原節」を期待している方には合わないかもしれませんね。2013/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5456985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。