ベルクソン=時間と空間の哲学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ベルクソン=時間と空間の哲学

  • 著者名:中村昇
  • 価格 ¥1,566(本体¥1,450)
  • 講談社(2014/02発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ものごとは、けっして絵のように止まっているのではない。常に流動している。〈わたし〉の体だって変化し続けている。したがって、ものごとは、本当は流れたり、変わりゆくものとしてとらえないと、本質はわからないのではないか。ベルクソン哲学のポイントはここにある。時間の流れを「持続」という独自の概念でとらえ、記憶の蓄積こそが存在の鍵を握ると考えた、ユニークで重要なベルクソンの哲学を現代的な視点で読み直す快著。(講談社選書メチエ)

目次

第1章 ベルクソンの哲学(補助点としての“わたし” きこえてくるせかい ほか)
第2章 「持続」とはなにか(時間は持続である 持続という空間 ほか)
第3章 純粋持続批判(直観と記憶 質ということ ほか)
第4章 持続は記憶である(『持続と同時性』について 持続ふたたび ほか)