文春文庫<br> お母さんの「発見」 - モンテッソーリ教育で学ぶ子どもの見方・たすけ方

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
お母さんの「発見」 - モンテッソーリ教育で学ぶ子どもの見方・たすけ方

  • 著者名:相良敦子
  • 価格 ¥611(本体¥556)
  • 文藝春秋(2013/10発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント40倍!(~9/30まで)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167838720
  • NDC分類:379.9

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

オバマ大統領や、ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン(Google創設者)も受けた教育として注目されるモンテッソーリ教育。20世紀初頭、イタリアのマリア・モンテッソーリ博士が生み出したこの教育法の出発点は、日常生活における行動を子どもが自分ひとりでできるよう、手伝うこと。本書は、わが国のモンテッソーリ教育の第一人者である相良さんが著した、子育てに惑う新米ママたち必携の書の加筆決定版。子育てが楽になるヒントが満載です。『お母さんの「敏感期」』とあわせてどうぞ!

目次

第1部 「子どもの見方」が変わりました!(「子どもが変わる」のに出合いました! モンテッソーリ教育に出合ったお母さんたち 活動のサイクルと心の成長 一歳から「自分でする!」は始まる 三歳までに大切にしたいこと 一生に一度、強烈なエネルギーのあふれる時期、「敏感期」 知性はどうやって育っていく?)
第2部 「子どものたすけ方」がわかりました!(育ち盛りの子どもに必要な環境 幼児期の生命と環境 子どもは「動き方」を学びたい 動きを学んで変わる子ども)
第3部 小学校で現われるモンテッソーリ教育の成果(小学生の母として モンテッソーリの数・言語・文化教育が学童期に及ぼすもの 総合的な学習に現われる実力)
第4部(補) 母親が語るわが子のその後の生き方(日本の教育指針の変化と「自然のプログラム」 小学生時代を紹介して十三年を経たわが子の「生き方」 母親が変わると子どもが変わる)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

りょうみや

7
モンテッソーリ教育を行っている幼稚園の先生、通わせたお母さんの体験談がメインで、そこからモンテッソーリ教育の本質を抽出する内容。モンテッソーリ教育は、生理学的根拠に基いていて、子どもが生まれながら持っている強烈な感受性、好奇心を観察し、それに対応した環境を与える教育法。科学的で体系だっているのが好感。モンテッソーリ教育の幼稚園に行かなくても家庭での育児においても役に立つ内容。しかし、モンテッソーリ教育の利点ばかりで、欠点について何も触れられていないのが不満点。2016/09/21

choco

5
モンテッソーリ教育についての説明と実践に基づく体験例が多く載せられていた。子どもを「待つ」ことの大切さはわかっていても生活してるとついつい急かしてしまったり、こちらで手を貸してしまうなぁ。実践できそうなことは取り入れていきたい。2019/01/09

こかち

4
よく観察して、子供の今の生命が必要としている「敏感期」をキャッチして環境を作り出してあげる、という考えには納得。大人の都合の「早くして!」がその子の芽を潰す、というのもわかる。早くしなさい!は大人が予定している時間割に子供が従ってくれない苛立ち、というのもわかる。が!なかなか難しいですよ。気には留めていきたい。でも、敏感期を逃すのは終バスに乗り遅れるようなもので取り返すのが大変など、プレッシャーがすごい。自分に自信がなくて怖い。基本的にはよい考えだと思うので、軽く取り入れたい。2018/12/09

ぽんママ

3
●幼児期の学びは、経験→理解→判断(なんだろう?→やっぱり!→なるほど!!)という道筋を経る。お母さんができることは、子供が興味を抱く様子をよく見てあげて、理解を促すために環境を用意し手本を示し、子供のペースで達成するまで待つこと。●同じモノと、違うモノ、という概念が世界を確かめていくとっかかりになる。●同じことを繰り返すことや、妙に細かいこだわりがある息子の行動の訳が、少しわかった気がした。教育本やマニュアルは要らないと思っていたけど、モンテッソーリにはヒントがありそうな気がした。2013/08/14

しめ

2
モンテッソーリ教育を受けた子どもとその親の事例集。モンテを学んでいる姉に借りた。親から聞いた話だが、私が幼稚園児だったころ、スーパーで他の子どもが「○○を買って!」と駄々をこねるのを尻目に、黙々と商品を正しい場所に戻したり、陳列したりしていたという。自覚もないのでもはや笑い話だが、これはモンテでいう「秩序感」の顕れだったのだろう。モンテ園様様である。 勉強すればするほど、自分の子どももモンテ園に通わせたくなる。ちなみに現在の私に秩序感が備わっているかは定かではない。2019/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6933617

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。