今日からできる! キッチンでできる! チェルノブイリからのアドバイス - 自分と子どもを放射能から守るには

個数:1
紙書籍版価格 ¥864
  • Kinoppy
  • Reader

今日からできる! キッチンでできる! チェルノブイリからのアドバイス - 自分と子どもを放射能から守るには


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

チェルノブイリ原発事故から25年。事故の影響を最小限に抑えること、そして住民を放射能被ばくから守ることを目的に創立されたベラルーシの民間機関、ベルラド放射能安全研究所が13年間の調査・実験データをもとに、子どもたちを守るための冊子「自分と子どもを放射能から守るには」を作成、配布しました。本書はその冊子に日本向けの情報を加え、日本語訳した一冊です。原書の一部はベラルーシ在住の辰巳雅子氏のブログ「ベラルーシの部屋ブログ」で紹介されていましたが、本書の日本語翻訳にはその辰巳雅子氏と、監修者として京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二氏を迎え、放射能被ばくから身を守るために、必要と思われる基本的な知識や食品放射能の減らし方などを、日本での生活に照らしてわかりやすく解説しています。

目次

1章 知って守る(チェルノブイリ原発事故のこと;放射能とは?;放射能はどのようにして体に入る?;放射能が体に与える影響;食品の放射能測定と暫定基準値;体内放射能を測る)

2章 食べて守る(キッチンでできる食品放射能の減らし方;放射能から体を守る食生活;ペクチン剤とは?)

3章 この地で生きる(汚染地域で畑や家庭菜園をするには;汚染地域で生きるためにするべきこと(まとめ)

いっしょなら簡単に!)