フレンチ狂日記―FLASH BACK 1978‐1992

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • Reader

フレンチ狂日記―FLASH BACK 1978‐1992

  • 著者名:永滝達治
  • 価格 ¥1,131(本体¥1,048)
  • 愛育社(2000/10発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

すべてはこの時からはじまっていた…。シャンソンからフレンチ・ポップス、そしてゲンスブールまで、現代のフレンチ・ブームの原点を探るフレンチへの旅。共同通信社92年刊「さよならゲンスブール」の改題。

目次

第1章 パリ発ポップス社会学(パリという名の劇場;アイドルのあり方;フランスの新しい顔―世界に進出する新しいフレンチポップス;アンテロからブランシェへ ほか)
第2章 80年代はこうして始まった(トレネとルタンス―耽美の世界に生きる男たち;パリのラジオと中国のパンク、そしてフランシス・レイ;フレンチロックにおける日本ブームと、第三世代を迎えたフランスのゲイたち;不良少年たちの歌)
第3章 スノッブな男たち―イヴ・モンタンからゲンスブールまで(登れ、登れ!イヴォ―イヴ・モンタンの栄光;シャンソンは私たちの思い出を歌わせる―イヴ・モンタン;モンタンの来日―「歌のための人生ではなく人生のための歌だから、私はしたいことをする」;追悼、イヴ・モンタン―イタリア人移民から英雄へ 神話を築いた大スター ほか)