社会の科学入門シリーズ<br> 日本の戦争の歴史 - 明治以降の日本と戦争 (第2版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

社会の科学入門シリーズ
日本の戦争の歴史 - 明治以降の日本と戦争 (第2版)

  • 著者名:板倉聖宣/重弘忠晴
  • 価格 ¥1,408(本体¥1,280)
  • 仮説社(1993/11発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773500929
  • NDC分類:210.6

ファイル: /

内容説明

これまで戦争の歴史の本というと,「戦争の興奮」を再現させたり,「戦争の悲惨さ」を訴える本か,「戦争の原因」を説く本が大部分でした。「戦争はなぜ起きたか」という問題はとかく党派的な話になりがちです。しかし,この授業書では,「明治以後,日本はどこの国を相手にどれほどの間,戦争を行ってきたのか」といった基本的な事実だけを提示して,戦争について考えることができるようになっています。

★★ もくじ ★★
第1部 日本の戦争の歴史とその背景
第2部 戦没者数で見る日本の戦争
第3部 宣戦布告の詔勅
日本の戦争の歴史年表
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

第1部 日本の戦争の歴史とその背景
第2部 戦没者数で見る日本の戦争
第3部 宣戦布告の詔勅