ENGINE (2019年8月号)

個数:

ENGINE (2019年8月号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥1,080(本体¥1,000)
  • 新潮社(2019/06/26発売)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年07月20日 19時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 月刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910019970897

詳細説明

【巻頭特集】
●新型911、いよいよ日本上陸! 
  古くても、新しくても、ポルシェは楽しい!
 ◇第1部 海外試乗篇
  ・まだ日本で試乗できない新型911 にドイツでとことん乗ってきた。
    イヤになっちゃうくらい素晴らしい!
  ・991の最終形態、スピードスターにイタリア・サルデーニャ島で乗る。
    夢のような組み合わせ。
  ・3代目カイエンに加わったクーペ・モデルにオーストリア・グラーツ近郊で乗る。
    グッとスタイリッシュに、ほどよくスポーティに!
 ◇第2部 オーナー篇
  ・千葉・鴨川からドイツのポルシェ・ミュージアムまで、
    53日間かけてポルシェ356プリAとともに旅をした鈴木利行さん。
     65年ぶりの里帰り。
  ・6気筒NAのボクスターにこだわる飯田裕子さん愛をもう一度。
 ◇第3部 クラシック篇
  ・独ポルシェ・ミュージアムで開催された917の記念展、
    「カラーズ・オブ・スピード」を見に行く。50年目の同窓会。
 ◇第4部 国内試乗篇
  ・異なったアプローチで速さを追求した2台の911に乗る。
    991型は911のひとつの完成形。
  ・718ケイマン&ボクスターの頂点、GTSに乗る。
    ミドシップ・ポルシェを楽しむなら、GTSに限る!
  ・パナメーラとカイエン、ポルシェのもうひとつの姿、
    4ドア・モデルの3態3台に乗る。どれに乗っても、みんな“ポルシェ”!
 ◇第5部 デザイン篇
  ・ポルシェ唯一の現役日本人デザイナー、山下周一氏が独断と偏見で選考。
    決定、歴代ポルシェのデザイン・ベスト10!

…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす