情念の消費:中世後期及び近代初期ヨーロッパにおけるカンニバリズムの使用<br>Consuming Passions : The Uses of Cannibalism in Late Medieval and Early Modern Europe (Studies in Medieval History and Culture, 20)

個数:
  • ポイントキャンペーン

情念の消費:中世後期及び近代初期ヨーロッパにおけるカンニバリズムの使用
Consuming Passions : The Uses of Cannibalism in Late Medieval and Early Modern Europe (Studies in Medieval History and Culture, 20)

  • ウェブストア価格 ¥21,961(本体¥19,965)
  • Routledge(2003/08発売)
  • 外貨定価 US$ 165.00
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 398pt
  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • ≪洋書のご注文について≫ 「海外取次在庫あり」および「国内仕入れ先からお取り寄せいたします」表示の商品でもクリスマス前(12/21~12/25)および年末年始までにお届けできないことがございます。あらかじめご了承ください。

  • 製本 Hardcover:ハードカバー版/ページ数 160 p.
  • 言語 ENG,ENG
  • 商品コード 9780415966993
  • DDC分類 394.9094

基本説明

Synthesizes and analyses the most interesting of the late medieval and early modern responses to Eucharistic teaching and debate that manifest themselves in the trope of cannibalism.

Full Description


First Published in 2003. Routledge is an imprint of Taylor & Francis, an informa company.

Contents

1. The Man-Eating Body 2. Corpus ChristiMedieval Cultural Identity 3. Mass Hysteria: Heresy, Witchcraft, and Host Desecration 4. The Maternal Monstrous: Cannibalism at the Siege of Jerusalem 5. Teratographies: Writing the American Colonial Monster