安価な石油に依存する文明の終焉―蘇る文明と社会

個数:

安価な石油に依存する文明の終焉―蘇る文明と社会

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784947553447
  • NDC分類 568.09
  • Cコード C1036

内容説明

私たちが、長く享受してきた石油文明が、今、思いがけない速さで終わりに向かっている。本書は、“石油文明終焉”の顛末と、それに立ち向かう“新しい文明と社会”の創造と育成の物語である。

目次

1 安価な石油と天然ガスに依存する文明(エネルギー・石油・天然ガス;縮小する世界の原油生産;天然ガスの生産予測と利用の課題)
2 エネルギー資源争奪と富の偏在により不安定化する世界と日本(21世紀テロリズム世界誕生の背景とその行方;イラク戦争の原因と世界と米国への影響;富の偏在と福祉国家の持続可能性)
3 終焉する石油文明より蘇る文明と社会(蘇る福祉国家―全生涯学習システムと雇用;終焉に近づく石油文明の姿;新しい文明の誕生と育成)
21世紀の科学技術は人間を救えるか―社会の僕としての21世紀科学技術

著者等紹介

若林宏明[ワカバヤシヒロアキ]
昭和14年(1939)生まれ、兵庫県姫路市出身。東京大学工学系大学院博士課程修了(原子力工学専攻・工学博士)。東京大学工学部原子力工学研究施設助手、助教授、金沢工業大学工学部経営工学科教授、ならびに環境システム工学科教授をへて、現在(平成19年)、流通経済大学流通情報学部教授。この間、米国ニューメキシコ大学化学工学・原子力工学科客員助教授、米国マサチューセッツ工科大学原子力工学科客員教授、経済開発協力機構(OECD、パリ)客員専門研究員、米国イースト・ウエスト・センター資源システム研究所(ホノルル)客員フェロー、米国オークリッジ、エネルギー分析研究所客員研究員、西ドイツユーリツヒ、エネルギー研究所客員研究員を歴任。原子炉の設計・維持・管理ならびに、原子力安全工学に関する基礎研究、環境保全型社会の設計・開発に関する研究、UAEおよびオマーン国における水資源システムの設計、環境保全型社会システム開発に関する基礎研究に従事。昭和51年4月日本原子力学会賞技術賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。