山人(やまど)の話―ダムで沈んだ村「三面(みおもて)」を語り継ぐ

個数:

山人(やまど)の話―ダムで沈んだ村「三面(みおもて)」を語り継ぐ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月19日 05時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784899841081
  • NDC分類 382.141
  • Cコード C0030

内容説明

明治時代から民俗学者に注目されてきた三面が、県営ダム建設のため閉村してから25年。自ら“三面の語り部”を務めてきた小池善茂さんの“伝えたいこと”を記し、その語りから三面の世界に迫る。

目次

第1部 山人の話(百姓百色;寒中のカモシカ狩り―スノヤマとサルヤマ;クマ狩り―デジシとオソ;四季の行事―暮らしにある祈り;焼畑の循環―自然の力を借りるカノ;構造物―オソ・小屋・ハサ)
第2部 山人の暮らす世界(三面の全体図;狩りの図―カモシカ猟とクマ猟(デジシ)
空間概念図―家をめぐって・集落と山をめぐって
三面に内在する秩序と敬意)

著者等紹介

小池善茂[コイケヨシシゲ]
昭和8(1932)年7月、新潟県生まれ。岩船郡三面村大字三面出身。昭和60年、村上市に移住。三面区長を7年務める

伊藤憲秀[イトウノリヒデ]
昭和48(1973)年6月、長野県生まれ。東京農業大学短期大学部卒業。平成13(2001)年12月から6年間村上に住み、聞き取りを行なう。埼玉県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。