Efficient C++パフォーマンスプログラミングテクニック

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 283p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784894712454
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3004

内容説明

本書は、コストに焦点を当て、空間効率や実行速度、あるいは設計の明瞭さなど、様々なパフォーマンス要素を取り挙げているC++のテクニックを修得する1冊。

目次

悪戦苦闘の話
コンストラクタとデストラクタ
仮想関数
戻り値の最適化(RVO)
一時オブジェクト
メモリのプール化:シングルスレッドの場合
メモリのプール化:マルチスレッドの場合
インラインの基礎
インライン‐パフォーマンス一考
インラインのコツ〔ほか〕

著者等紹介

ブルカ,ダブ[Bulka,Dov]
15年間、ソフトウェア開発に携わり、大規模ソフトウェア製品を市場に送り出してきた。インタネット上、最大規模と言われるWebサイト(1996年アトランタオリンピックのサイトを含む)を供給するIBM Domino-Go Webのパフォーマンス設計技師を努めた経験を持つ。Duke UniversityにてコンピュータサイエンスのPh.Dを取得

メイヒュ,デビット[Mayhew,David]
StarBridge Technologies,Inc.の主任設計技師として、相互接続機構、ピアプロセッシング、PCIパス関連の開発を担当している。かつてIBMのNetworking Software Divisionに勤務。Virginia Tech.にてPh.D.を取得

浜田光之[ハマダミツユキ]
京都府精華町在住。システムエンジニア。スカイ・シンク・システム株式会社に勤務

浜田真理[ハマダマリ]
某ソフトウェア会社にてSE業務に従事した経験を持つ。訳書に『JFCプログラミングVol.1、Vol.2』(ピアソン・エデュケーション出版)がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書は、「オブジェクト指向言語としてのC++」ではなく、空間効率や実行速度、設計の明瞭さなど、さまざまなパフォーマンス要素に焦点をあて、これらを軸に言語特有の問題から、ライブラリ、スレッドモデル、ハードウェア、システムアーキテクチャなどさまざまな視点からC++のパフォーマンスの向上について解説しています。

【目次】

   序章 
   第1章 悪戦苦闘の話 
   第2章 コンストラクタとデストラクタ 
   第3章 仮想関数 
   第4章 戻り値の最適化(RVO) 
   第5章 一時オブジェクト 
   第6章 メモリのプール化:シングルスレッドの場合 
   第7章 メモリのプール化:マルチスレッドの場合 
   第8章 インラインの基礎 
   第9章 インライン-パフォーマンス一考 
   第10章 インラインのコツ 
   第11章 STL:標準テンプレートライブラリ 
   第12章 参照回数計測 
   第13章 コーディングの最適化 
   第14章 設計の最適化 
   第15章 スケーラビリティ(拡張性) 
   第16章 システムアーキテクチャの依存性