結論!朝鮮半島に関わってはいけない―東アジアと世界のトラブルメーカー

個数:
電子版価格 ¥950
  • 電書あり

結論!朝鮮半島に関わってはいけない―東アジアと世界のトラブルメーカー

  • 提携先に20冊在庫がございます。(2018年11月16日 16時15分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784864106078
  • NDC分類 221.004
  • Cコード C0095

内容説明

二千年の伝統芸「内紛と外国巻き込み」が今も繰り返されている。決定版ついに完成!長年の論考の総集編!日本は“厄介な隣人”を全力で避けよ。

目次

第1部 「進歩しない小中華」の愚昧と悲哀(「中華」をコピーした半島国家の歪み;自力で近代化できない朝鮮王朝の病巣)
第2部 内ゲバと殺し合いが民族不変の伝統(高句麗から李朝までの朝鮮半島内ゲバ史;現代も続く同じ民族同士の死闘と殺し合い)
第3部 外国勢力を内紛に巻き込む民族の悪しき習性(外国侵略軍を半島に招き入れた三国統一戦争;米中両大国を朝鮮戦争に巻き込んだ二人の“A級戦犯”)

著者等紹介

石平[セキヘイ]
1962年、四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2002年『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)刊行以来、日中・中国問題を中心とした評論活動に入る。07年に日本国籍を取得。08年拓殖大学客員教授に就任。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「韓民族こそ歴史の加害者である」と「なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか」を合本、再編集。