東京農場―坂本多旦いのちの都づくり

個数:

東京農場―坂本多旦いのちの都づくり

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846012229
  • NDC分類 611.7
  • Cコード C0061

内容説明

山口県で「船方総合農場」を成功させた農業経営のカリスマ“坂本多旦”が、東京湾の「夢の島」に農場をつくり、地球再生への道筋を示す。

目次

第1章 東京農場構想(東京農場の発想;東京農場開発研究会 ほか)
第2章 六次産業・船方総合グループ(坂本多旦とは;法人農場、始動 ほか)
第3章 東京の農業(東京の農業の歴史;新しい東京農業 ほか)
第4章 東京農業実現化へ(農業・農政;地球再生のシンボル ほか)

著者等紹介

松瀬学[マツセマナブ]
1960年長崎県出身。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク支局に勤務。02年に同社退社後、ノンフィクションライターに転身。人物モノ、五輪モノを得意とする。日本文藝家協会会員。東京学芸大非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。