• ポイントキャンペーン

「1日30分」を続けなさい!―人生勝利の勉強法55

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838717774
  • NDC分類 379.7
  • Cコード C0033

内容説明

起業したい人、年収UPしたい人、MBAを取りたい人、TOEIC900点を取りたい人、スキルUPしたい人、転職したい人、資格試験に合格したい人、留学したい人、夢を実現させたい人、何から始めたらいいのかわからない人…。現状に不安・不満を抱くすべての人に贈る具体例いっぱいの実証ずみ勉強法。

目次

第1章 人生は勉強した者が勝つ!
第2章 勉強時間を捻出する方法
第3章 勉強に集中する方法
第4章 短期集中型・長期計画型の勉強法
第5章 本気の人のための英語勉強法
第6章 勉強を成功させるための目標設定方法
第7章 勉強効率アップのための食事・睡眠
第8章 勉強効率アップのためのツール

著者等紹介

古市幸雄[フルイチユキオ]
明治学院大学文学部英文科卒。読売新聞社編集局写真部退社後、ニューヨーク州立大学アルバニー校で経営修士号(MBA)を取得。帰国後3年間で、翻訳、手帳・目標達成関連、英語学校の3つのビジネスを立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

257
内容の正しさとかはとにかく、いい本だった。というのは、読んでいて「これは著者が本気で読者に進めているんだな」というのがわかるから。本当に勉強が人生を変えるかどうかはこの場合問題ではなく、少なくとも著者本人は勉強によって人生を変えることができたし、その経験から自分のやり方が絶対に正しいと確信をもって、そのことを率直に読者に伝えている姿勢に共感が持てるし、本書の方法をまねるかどうかは別にしても「勉強をしてみようかな」という気分にさせる効果はある。2018/04/23

月讀命

102
人間、何事も継続する事が大事である。『継続は力なり』という言葉は、あまり好きではないが、毎日積み重ねれば、莫大な時間を目標に傾けることができる。1日30分を1ヶ月続ければ900分であり、これは15時間、1年続ければ10800分、これは180時間という膨大な時間になる。3年間もひとつの事に打ち込んでやりきれれば、スペシャリストになれない訳が無いし、もうその世界の第一人者でありましょう。ただ、それが出来無いのが人間であります。時間は誰にでも平等にある(?)が、時間の使い方をよく考え、行動するのが重要ですね。2010/10/20

もりやまたけよし

100
モノにするには、圧倒的な時間がかかるというのも、もっともな話です。ある程度やるとか速度が上がるというのも、同感です。2018/09/28

ハッシー

99
★★★☆☆ 能力開発の第一人者が教える、勉強法。目新しい手法はないが、具体的で分かりやすい。我々は過去の蓄積から収入を得ている。今自己投資しないと、5年先、10年先が危ない。変化が早い時代だからこそ、自己投資をして、自分を進化させ続けないといけない。その通りだと思う。1日30分を捻出する方法も具体的に提示されているし、英語の勉強法についても分かりやすく説明されている。語学の習得に近道はないので、覚悟がない人には参考にならないと思う。2019/02/07

藤森かつき(Katsuki Fujimori)

67
題名が全てを物語っているけど、毎日30分を続けることの凄さは分かった。それと、集中力が落ちてきたな、とか、飽きてきたな、と感じ始めたら、即刻勉強を中止して、というのは、最近よく目にする色々な方の共通意見のよう。面白いな、と思ったのは、勉強の休憩時間に本を読むのを勧めていること。勉強する科目が違ったり、インプットする情報の種類が違うと脳の使う場所が違うから、疲れないみたい。目標を達成できないのは、決断しないことが最大の原因、というのは耳の痛いお話で。決心が付かずに先延ばしにしていること、との指摘にギクリと。2019/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559964

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。