市場の変相―サブプライム後の「金融適者生存」の法則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 379p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784833419055
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C0033

目次

序章 サブプライム問題を見極める
第1章 グリーンスパンを惑わせた「異常」
第2章 危機対応「失敗の本質」
第3章 投資家はなぜ大転換を見逃すのか
第4章 「昨日の市場」と「明日の市場」の衝突
第5章 「新たな行き先」まではいばらの道
第6章 投資家のための行動計画
第7章 政策当局のための行動計画
第8章 新時代のリスク管理
第9章 世界全体の福祉向上に向けて

著者等紹介

エラリアン,モハメド[エラリアン,モハメド][El‐Erian,Mohamed A.]
ピムコ最高経営責任者(CEO)兼共同最高投資責任者(共同CIO)。国際通貨基金(IMF)に15年間勤務したのち、米シティ・グループ系列のソロモン・スミス・バーニー(ロンドン拠点)のマネージング・ディレクターを務める。1999年にピムコに入社。マネージング・ディレクター、投資戦略グループのシニア・メンバーを務める。その後、米ハーバード大学基金を運用するハーバード・マネジメント・カンパニーの社長兼CEOとして2年間勤務。その間、同大学のビジネス・スクールで教鞭をとり、同大学の副財務長も務めた。2007年末にピムコに復帰。国際経済に関する執筆多数。現在は女性研究国際センターやピーターソン国際経済研究所の理事、米財務省国債発行諮問委員会、IMFの資本市場協議グループのメンバー、マイクロソフトの運用諮問委員会会長を務める。投資業務経験25年。オックスフォード大学大学院にて経済学博士号、ケンブリッジ大学にて学士号を取得

牧野洋[マキノヨウ]
1983年、日本経済新聞社入社。チューリヒ駐在、ニューヨーク駐在、編集委員などを歴任し、2007年に独立。慶応大学経済学部卒業、米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール卒業。現在ロサンゼルス近郊のクレアモント在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。