子どものための「いのちの授業」―小児がんの亡き娘が教えてくれたこと

個数:

子どものための「いのちの授業」―小児がんの亡き娘が教えてくれたこと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月21日 04時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784800912015
  • NDC分類 K916
  • Cコード C8095

内容説明

いのちへの思いを重ねてこそ、本当に大切なことに気づき、幸せになれるのです。それが、「いのちの旅」です。さあ、「いのちの旅」を始めよう。ゆっくりでいい、転んでもいい、迷ってもいい。その一歩一歩が、きっと、生きる力になってくれます。6歳までの“いのち”を輝かせた少女と家族の実話。

目次

ぼくが十代だったとき
大きな愛に守られている
当たり前にある「いのち」は、きせきなんだ
一人では生きられない
今このときを、生き抜く
死によりそい、ありがとうを伝える
絶対、親より早く死んではいけない
笑顔は、こだまする
いのちへの思いは、家族の絆になる
いのちのバトンを胸に生きる
夢は叶う
子どもたちに届けたい「いのちのメッセージ」

著者等紹介

鈴木中人[スズキナカト]
昭和32年愛知県生まれ。56年、デンソー入社。平成4年、長女の小児がん発病を機に、小児がんの支援活動やいのちの授業に取り組む。17年、会社を早期退職して、いのちをバトンタッチする会を設立。いのちのバトンタッチをテーマに、いのちの輝き、家族の絆、生きる幸せ・働く喜び、良き医療などを全国に発信する。いのちの授業や研修には30万人が参加。いのちの授業は、小学校・道徳の教科書にもなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。