生還は奇跡か

生還は奇跡か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784797433999
  • NDC分類 493.73
  • Cコード C0095

内容説明

体力・気力ともに充実の62歳、働き盛りの税理士のもとに、それは、ある日突然訪れた。痴呆度テスト、立ち小便の練習、時計が読めない、脳出血患者の志…。不安と孤独を乗り越え、諦めずに再び希望の日々を取り戻した奇跡の陰には、最愛の妻の支えがあった。脳血管障害者の随想録。

目次

倒れた日、人生のターニング・ポイント
倒れる前の概況
JA厚生連尾道総合病院・脳神経外科の日々
みつぎ総合病院・リハビリテーション科の日々
退院時、退院後の感覚・出来事
現況―そして、夫婦雑記
生かされてある日々~この病をも賜として
六十五歳を迎えて、妻へ
脳血管障害の友へ
片マヒと闘う友へ(森山志郎さんの詩)〔ほか〕

著者等紹介

河野元一[コウノモトカズ]
昭和9年(1934年)大阪市生まれ。ビジネスマンを経て現在税理士。広島県尾道市美ノ郷町三成在住。平成9年脳出血発症。右半身麻痺・身体障害2級
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。