龍谷大学社会科学研究所叢書<br> 地方分権と行財政改革

個数:

龍谷大学社会科学研究所叢書
地方分権と行財政改革

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 339p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794804396
  • NDC分類 318
  • Cコード C0031

内容説明

地方分権を推進する理論的根拠を包括的に提示し、「地方の時代」の具体像を提示。

目次

序章 地方分権と行財政改革―背景、意義・必要性、本書の構成
第1章 地方行財政の政治経済学
第2章 地方分権の現状と課題
第3章 ポスト工業社会と地方分権
第4章 環境問題と地方分権
第5章 経済安定化策と政府の規模―ケインズの「投資の社会化」について
第6章 地方分権と地方公共財の最適供給
第7章 必置規制と地方分権
第8章 地方財政構造の現状
第9章 ドイツの地方分権
第10章 オーストラリア経済構造の転換と規制緩和の実態
第11章 アメリカの地方分権