• ポイントキャンペーン

Sekaishiso seminar
ひきこもりの社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790712770
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C1336

内容説明

人はどのように「ひきこもり」に至るのか。今や数十万人規模で存在するとみられる「ひきこもり」。そこに至るプロセスには、ひとつの共通項がある。経験者への丹念なインタビューと、不登校・ニートの考察を通して、その実態と原因を解明する。

目次

第1章 経験者からの聞き取り―菅原さんのケースから
第2章 「ひきこもり」とは何か
第3章 「ひきこもり」の分析と定義
第4章 高卒以前の「ひきこもり」
第5章 大学での「ひきこもり」
第6章 逸脱の恩寵と報い
終章 結語

著者等紹介

井出草平[イデソウヘイ]
1980年生まれ。2006年、大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了。現在、同大学博士後期課程に在籍。専攻は理論社会学・逸脱論。ウェブサイト「論点ひきこもり」を中心に「ひきこもり」への支援活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。