見ること・聞くことのデザイン―メディア理解の相互行為分析

個数:

見ること・聞くことのデザイン―メディア理解の相互行為分析

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788515093
  • NDC分類 361.45

内容説明

広告が売りこむ、マンガが物語る、トーク番組が笑わせる、報道がニュースを知らせる、スポーツ中継が見どころを伝える―メディア表現に表れる無数の言葉やビジュアルデザインをどのように結び付けて“理解”へと至るのか。私たちの理解そのものを記述するメディア分析。

目次

1章 記述のもとでの理解とはなにか
2章 マスメディアは伝え方を操作しながら事実をねつ造しているのか
3章 メディアに登場する人物は、送り手側の都合で「心にもないこと」を話しているのか
4章 スポーツ中継は見れば分かるようなことを余計に飾り立てているのか
5章 広告は目立てばよいのか
6章 マンガは絵で描かれているからかんたんで誰でも読めるのか

著者紹介

是永論[コレナガロン]
1965年生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院社会学研究科社会心理学専攻博士課程単位取得退学。博士(社会学)。札幌学院大学社会情報学部専任講師を経て、立教大学社会学部メディア社会学科教授。専門は、情報行動論、コミュニケーション論、エスノメソドロジー。2005年から2009年までBPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



是永 論[コレナガ ロン]