三島由紀夫論

個数:

三島由紀夫論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 16時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 275p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784784591060
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

三島由紀夫の宇宙観が拓かれてゆく…。“いつも先方においてブリリアントに輝いていた”三島由紀夫と文学について語り合った上総英郎が“三島の作品自体を考究の目的”とした「後にはひけない試論」として三島由紀夫論を遺した。

目次

第1章 タナトスへの囚虜―初期作品より
第2章 罪に先立つ悔恨―『仮面の告白』論
第3章 反日常性の美学―『仮面の告白』以後、『愛の渇き』、『禁色』の架空美
第4章 相対的泥土の底に(反女性的世界の敗北)―『禁色』と『アポロの杯』
第5章 世界を拒否する顔―『沈める滝』から『金閣寺』へ
第6章 立ち去ったマドンナ―『金閣寺』について
第7章 永遠に女性なるもの…
第8章 挫折した青春群像
第9章 芸術志向と権力志向

著者等紹介

上総英郎[カズサヒデオ]
文芸評論家。本名 中村宏。1931年生まれ。早稲田大学文学部フランス文学科卒。同大学院修士課程修了。昭和42年「三田文学」で「共感と挫折」を発表し、文芸評論家として活動を開始。二松学舎大学教授。平成13年7月20日没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。