渡来人伝―火の山榛名をゆく

個数:

渡来人伝―火の山榛名をゆく

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 241p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779127021
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0021

出版社内容情報

榛名山(はるなさん 群馬県)噴火の遺跡から異邦人が出現した。



桃太郎の鬼も、坂上田村麻呂(征夷大将軍)も、高僧の行基や最澄も、

みんな同じ血脈・渡来人の子孫だった!



1500年以上前の榛名山の大噴火。その遺跡から出現したのは、

驚きの異国の武人であった。その武人とは一体誰か?

その謎を巡って古墳王国と呼ばれた群馬の古墳や史跡を辿ると、

そこにあったのは渡来人、別名まれびとの知られざる存在であった。

著者の人生と重なり合うように繰り広げられる、まれびとから見た

もう一つの日本古代史。

古代においては、渡来人も日本人も共生する、ゆたかな世界が

つくられていたことを伝える、現代へのメッセージ………

内容説明

力持ちの金太郎も、高僧行基・最澄も、銅金の発見者も、征夷大将軍坂上田村麻呂も…みんな渡来人の子孫。1500年以上前の榛名山の大噴火。その遺跡から出現したのは驚きの異国の武人であった。その武人とは一体誰か?その謎を巡って古墳王国と呼ばれた群馬の古墳や史跡を辿ると、そこにあったのは渡来人、別名まれびとの知られざる存在であった。著者の経験を交えつつ、まれびとから見たもう一つの日本古代史に迫る。

目次

第1章 地下から異邦人出現
第2章 知られざる古墳王国
第3章 東国を生きた渡来人
第4章 鉄を生んだ王国加耶
第5章 新発見・渡来人の道
付章 天草のまれびとたち
あとがき―見直したい朝鮮への偏見