スペイン・アメリカ・キューバ・フィリピン戦争―マッキンリーと帝国への道

個数:

スペイン・アメリカ・キューバ・フィリピン戦争―マッキンリーと帝国への道

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779126635
  • NDC分類 253.065
  • Cコード C0022

内容説明

1898年4月に始まったアメリカ・スペイン戦争は、スペインに対する独立運動が展開されていたキューバ、フィリピンを舞台に戦われた。スペイン軍とアメリカ軍の最初の戦闘は帝国主義戦争と民族解放戦争の歴史的交錯!遠く離れたマニラ湾での海戦だった。アメリカはキューバ解放軍、フィリピン革命軍と連携しながらスペインを追い落としたが、協力した現地の独立軍を排除して、一方的にスペインと講和条約を締結した。その後、キューバを保護国化し、フィリピンではゲリラ戦を制して植民地統治を始めたのである。

目次

第1章 スペインとの開戦(一九世紀後半のアメリカ社会;スペインとの開戦)
第2章 キューバの保護国化(スペイン軍の降伏;プエルト・リコの占領;ルート陸軍長官とキューバの保護国家)
第3章 アメリカの対フィリピン政策(ハワイ併合とその統治;フィリピンの独立革命とアメリカの関与;休戦協定からフィリピン・アメリカ戦争の勃発へ)
第4章 フィリピン・アメリカ戦争の勃発と展開(アメリカ政府とフィリピン革命政府の基本方針;フィリピン・アメリカ戦争の勃発と展開;フィリピン・アメリカ戦争の残虐性と人種主義;フィリピン・アメリカ戦争と黒人兵)
第5章 反帝国主義運動と一九〇〇年の大統領選挙(反帝国主義者連盟の結成;パリ講和条約の批准;アトキンソンと『反帝国主義者』;サミュエル・ゴンパーズの関与;シクスト・ロペスの言論活動と反帝国主義者;一九〇〇年の大統領選挙と反帝国主義勢力)

出版社内容情報

帝国主義戦争と民族解放戦争の歴史的交錯!



1898年4月に始まったアメリカ・スペイン戦争は、

スペインに対する独立運動が展開されていた

キューバ、フィリピンを舞台に始まった。



スペイン軍とアメリカ軍の最初の戦闘は遠く離れたマニラ湾での

海戦だった。

アメリカはキューバ解放軍、フィリピン革命軍と連携しながら

スペインを追い落とし、一方的な和平と割譲をスペインに認めさせ、

その後は協力した現地の独立軍を排除、

1902年7月のフィリピンでのゲリラ戦終結を境に

海外植民地を領有、帝国への道を歩み始めたのである。