寺山修司 死と生の履歴書

個数:
  • ポイントキャンペーン

寺山修司 死と生の履歴書

  • 福島 泰樹【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 彩流社(2010/04発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 90pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779110696
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

「不完全な死体」が「完全な死体」となる時!「死」と「夢」の側から照射した寺山修司論の決定版。

目次

第1章 懐かしのわが家(懐かしのわが家)
第2章 命をもらった死(命をもらった死;月蝕書簡)
第3章 啄木になりたかった男(さいはての駅;テロルの悲しみ)
第4章 寺山家の人々(中城ふみ子;岸上大作)
第5章 歌と履歴書(歌と履歴書;戦士の休息)

著者等紹介

福島泰樹[フクシマヤスキ]
1943年、東京市下谷区に生まれる。早稲田大学文学部卒。歌集『バリケード・一九六六年二月』でデビュー。「短歌絶叫コンサート」を創出、1200ステージを超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

83
寺山修司の次の世代の寺山修司像が分かる。寺山修司の事を語っているのか、著者の事を語っているのかが分かりにくい。それぞれが雑誌類の記事のため、それぞれの記事ごとの視点が違うためかもしれない。一冊にまとめるにあたって、もう少し加筆があるか、始めに、どの部はどういう視点で書いたものかの説明があると嬉しかった。2016/01/08

chisarunn

6
「マッチ擦るつかのま海に霧深し 身捨つるほどの祖国はありや」寺山修司。まあ、寺山修司の代表作としてこの歌を取り上げるのは異論もあるかと思うが、この歌集の作者福島泰樹が返歌といってもいい歌を詠んでいる。「祖国それは身捨つるほどに霧深き海、茫漠の雲赴くところ」福島にとって寺山=祖国といってもいいほどの存在だったのだろうか。2023/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1579377
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。