求龍堂選書<br> 夏目漱石―書道文化における「教養」の変容

個数:

求龍堂選書
夏目漱石―書道文化における「教養」の変容

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年08月03日 09時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763020079
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

夏目漱石は近世以来の漢学の伝統のなかで書を享受した最後の世代であり、“非書家”であったからこそ近代の書道文化を眺望できた稀有な存在であった。本書は、『草枕』『行人』などにみる漱石独自の書道観や『こゝろ』の装丁などを通して、漱石の作品と近代の書道文化の変容について考察した、今までにはない視点と発想で挑んだ画期的な書。

目次

序論 近代以降の書の多様性
第1章 漱石と「書」―漢学と書道文化
第2章 漱石と王羲之
第3章 小説に描かれた書(一)―『草枕』の場合
第4章 小説に描かれた書(二)―『行人』の場合
第5章 『こゝろ』の装丁について
結論 近代以降における書の教養と表現

著者等紹介

河島由弥[カワシマユウヤ]
1991年、神奈川県相模原市生まれ。帝京大学文学部日本文化学科卒業。帝京大学大学院文学研究科日本文化専攻博士前期課程修了。同文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。平成29年度冲永荘一学術文化功労賞受賞。現在、帝京大学文学部日本文化学科非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。