ハルキ文庫<br> 髪結の亭主〈5〉子別れ橋

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハルキ文庫
髪結の亭主〈5〉子別れ橋

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年04月10日 23時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758439831
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

おでん、見世物、甘酒売りなどで賑わう浅草奥山。侠客を気取る為五郎は露天売りをしている。気はいいが、その日暮らしの瘋癲で、息子の清吉とふたり住まい。その長屋に、お北と名乗る女が越してきた。謎めいて美しいお北に、一目で恋をしてしまった為五郎。なにやら、波乱の予感が―。その頃、巷では子どもの拐かしが続いていた。どの子も目隠しで武家屋敷に連れられ、数日の後に疵ひとつなく帰されたという。新米目付の百太郎は、兄・千之介、悪友のねずみ小僧らと探索を始めることに。書き下ろし長篇。

著者等紹介

和久田正明[ワクダマサアキ]
1945年静岡県生まれ。テレビ時代劇の脚本を数多く手がけた後、現在では時代小説の執筆に専念している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。