アフリカ人都市経験の史的考察―初期植民地期ジンバブウェ・ハラレの社会史

個数:

アフリカ人都市経験の史的考察―初期植民地期ジンバブウェ・ハラレの社会史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 258,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784755401619
  • NDC分類 248.3
  • Cコード C1036

内容説明

アフリカ人労働者が創り出した濃密なる社会的・文化的世界。西欧的“都市”・“階級”の見直しと、アフリカ亜大陸の現代への定位―。徹底した史料考証を通して切り込んだ英文労作の日本語化。

目次

第1章 南部アフリカ都市の差別的景観―ソールズベリー(ハラレ)における住居隔離と「原住民ロケーション」の起源:一八九二~一九〇八
第2章 黒人出稼ぎ労働者の「階級的」登場―第一次世界大戦後のストライキ運動と自助団体
第3章 都鄙相制関係から見た都市の諸相―一九五〇年代末までのソールズベリー・ブラワヨ政治史の比較から
第4章 あるアフリカ人フェミニズムの誕生:初期植民地期ジンバブウェ―マイ・ムソジ(一八八五頃‐一九五二)とハラレアフリカ人女性クラブ
第5章 書評

著者等紹介

吉國恒雄[ヨシクニツネオ]
1967年京都大学医学部入学、のち中退。1981年サンフランシスコ州立大学学士課程(アフリカ史)卒業。1991年ジンバブウェ大学博士課程(ジンバブウェ史専攻)修了。ジンバブウェ大学経済史学部講師。1996年~専修大学教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。