平凡社新書<br> アフガン25年戦争

  • ポイントキャンペーン

平凡社新書
アフガン25年戦争

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582851274
  • NDC分類 226.2

内容説明

かつて文明の十字路といわれた美しい国が、なぜイスラム原理主義が勢力をふるう、国際テロリストの拠点となったのか。複雑な民族間の紛争、周辺国の思惑など、悲劇のアフガニスタン現代史を検証し、新たな秩序と平和を展望する。グレートゲームに翻弄された、アフガン四半世紀の真実。

目次

第1章 アフガニスタンの土地と人びと
第2章 ソ連侵攻とアフガン・ゲリラの台頭
第3章 イスラム原理主義とタリバン支配
第4章 国際テロリストとアフガニスタン
第5章 九・一一事件と周辺国の思惑
第6章 アフガニスタンの新たな秩序

著者紹介

遠藤義雄[エンドウヨシオ]
1948年福島県生まれ。拓殖大学政経学部経済学科卒業。79年よりカブール大学(ペルシャ語)、80~83年にペシャワール大学(イスラム史)へ留学。84年より拓殖大学海外事情研究所に勤務、現在同研究所教授(南西アジア地域研究専攻)