• ポイントキャンペーン

双葉文庫
ホラー・ジャパネスク読本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 335p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575713121
  • NDC分類 910.4

内容説明

ホラー・ジャパネスクの最尖端に位置する七人の作家との対話を通じて、その多様な拡がりと幽玄なる特質を探究しようとする画期的「対談集+評論集」、ここに誕生!近年のホラーブームの牽引車となってきた実力派作家たちとともに、日本特有の神秘と幻妖の世界に分け入り、その魅力を探り、創作の秘密に迫る。大幅増補による決定版。

目次

宮部みゆき 西欧怪談と江戸情緒
江戸の気風と怪奇小説と―『あやし』解説
津原泰水 都市幻想と崩壊感覚
時評三題―『妖都』『蘆屋家の崩壊』『少年トレチア』
岩井志麻子 脳内岡山と怪異体験
魔の道を駈ける鬼―『夜啼きの森』解説
福澤徹三 虚実皮膜と夢の記憶
夢と幽霊の書―『再生ボタン』解説
加門七海 オカルトと実践主義
旅と地霊―『女切り』解説
京極夏彦 幽霊文化と妖怪研究
京極伝奇のラビリンス―『覘き小平次』と『後巷説百物語』
三津田信三 推理嗜好と怪奇志向
百物語憑け(三津田信三)
東雅夫 ホラー・ジャパネスクの時代

著者紹介

東雅夫[ヒガシマサオ]
1958年神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家、怪談専門誌『幽』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)