• ポイントキャンペーン

双葉文庫
名臣伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575664461
  • NDC分類 913.6

内容説明

天下分け目の関ヶ原から十九年、弱冠十七歳で紀州五十五万石の藩祖となった徳川頼宣。戦国の熱もいまだ冷めやらぬなか、血気盛んな若殿を命懸けで守った男たちがいた。軍船十二艘を漁り舟で沈めた贄掃部、百騎の敵に槍一本で立ち向かった山本正春、幕府に大胆な駆け引きを挑んだ安藤直治ら、名将の壮絶な生き様を辿る長編歴史小説。

著者紹介

津本陽[ツモトヨウ]
1929年3月、和歌山市生まれ。東北大学法学部卒。78年、『深重の海』で第79回直木賞を受賞。95年には『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。2005年菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦国の余熱を残す徳川初期に、初代藩主として紀州入りした徳川頼宣。この若殿を、武と知の限り支えた一団がいた。秘術猫返りの三浦文左衛門、至誠直言の安藤直治……。己の使命を信じてまっとうした男たちの潔い生涯をたどる長編歴史小説。