双葉文庫<br> 円四郎斬鬼剣

電子版価格 ¥756
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
円四郎斬鬼剣

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 487p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575661279
  • NDC分類 913.6

内容説明

真里谷円四郎は江戸愛宕下に剣術道場を構え、門弟一万人を抱える無住心剣流の達人であった。元禄三年三月のある日、隅田堤へ花見に行く途上、両国橋の上で女を悶え狂わす不思議な脇指を男から奪った。それは「痣丸」と異名を持つ淫刀であった。脇指の刃を見せられた女は体の芯が抜け、ズキンと小壷が縮んだようになる。値をつければ四千五百両は下らないという痣丸を狙って、円四郎を次つぎと襲う刺客の群…。

著者紹介

峰隆一郎[ミネリュウイチロウ]
1931年長崎県生まれ。日本大学理工学部、芸術学部中退後、編集者、週刊誌記者を経て作家活動に入る。1979年『流れ潅頂』で問題小説新人賞を受賞。以後、時代小説、推理小説で斬新な作品を意欲的に発表