双葉文庫<br> 邪鬼が斬る―刀根又四郎必殺剣

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
邪鬼が斬る―刀根又四郎必殺剣

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 339p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575661132
  • NDC分類 913.6

内容説明

安永四年、徳川十代家治の治世。幕府の実権は老中田沼意次が握り政治は賄賂の多寡によって行なわれていた。いわゆる収賄即奉行である。二階堂流の達人、刀根又四郎は大奥の権力者を凶刃の襲撃から助けたことから、奇怪な事件に巻きこまれてゆく。襲いくる敵を次つぎと血祭りに上げる又四郎。

著者紹介

峰隆一郎[ミネリュウイチロウ]
1931年長崎県生まれ。日本大学理工学部、芸術学部中退後、編集者、週刊誌記者を経て作家活動に入る。1979年『流れ灌頂』で問題小説新人賞を受賞。以後、時代小説、推理小説で斬新な作品を意欲的に発表している。作品には、剣豪が登場する『伊藤一刀斎』『塚原ト伝』『柳生十兵衛』、幕末の剣鬼を描いた『新幕末風雲録』など多数