Rakuda books<br> 聖徳太子の陰謀―日本史を支配する巨大勢力の影 飛鳥時代~明治維新まで

  • ポイントキャンペーン

Rakuda books
聖徳太子の陰謀―日本史を支配する巨大勢力の影 飛鳥時代~明治維新まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784537023442
  • NDC分類 210.33

内容説明

聖徳太子は大王か予言者か架空の人物か?「日本書紀」や太子伝説に神格化され、時の権力者に都合よく利用されていった聖徳太子―。大化改新以後千数百年にわたって、不死鳥のごとく太子を蘇生させていく巨大勢力の陰謀と謎。

目次

まえがき 今も続く「聖徳太子の陰謀」への挑戦
序章 生き続ける聖徳太子神話―太子ロマン創作の謎を解く
第1章 日出ずる処の天子とは誰か―『隋書倭国伝』が明かす九州王朝の存在
第2章 偶像化された聖徳太子の登場―『日本書紀』編纂プロジェクトの「あだ花」
第3章 聖徳太子神話はかく創られた―「十七条の憲法」と「万機総摂」の真相
第4章 奈良仏教の聖徳太子「発見」―『三経義疏』と法隆寺の陰謀
第5章 浄土祈願が甦らせた太子信仰―平安=末法の世に転生する聖徳太子
第6章 鎌倉~室町=動乱の聖徳太子像―時代がメシアとしての太子を求めた
第7章 ノストラダムス化する聖徳太子―「未来記」をめぐる四天王寺の陰謀
第8章 地に墜ちた聖徳太子像―近世儒学・国学による太子批判
終章 聖徳太子は不死鳥か―明治維新によって再びかつぎ出された聖徳太子
あとがき 神話・陰謀の終焉と疑似アイデンティティの清算