限界集落―吾の村なれば

個数:

限界集落―吾の村なれば

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 02時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 358p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532167394
  • NDC分類 611.91
  • Cコード C0036

内容説明

全国の山間部・島しょ部でいま65歳以上のお年寄りが半数を超える集落約7900。防災、教育、医療、公共交通の機能が損なわれ、農林業は廃れ、里が荒れている。菊池寛賞受賞のテレビ報道記者が岡山・鳥取県境の過疎の集落を3年間密着取材。たくましく生きる人たちを通して日本人の“心の過疎”に迫る渾身の力作ノンフィクション。

目次

はじめに―過疎を通り越した限界
プロローグ―中国山地の尾根にある村から
第1章 限界集落のくらし―全盲の農民作家のまなざし
第2章 限界集落の苦闘―蔓牛復活に人生を賭ける
第3章 何が限界なのか?―集落を成り立たせるもの
第4章 限界への挑戦―ぶどう栽培を地域の産業に
第5章 豊な限界の島―ゴミが降る島の10年後
エピローグ―限界を乗り越える意志

著者等紹介

曽根英二[ソネエイジ]
1949年兵庫県生まれ。早稲田大学卒。74年岡山の山陽放送に入社、アナウンサーを経て報道部記者に。80年から四年間JNN(TBS系列)カイロ特派員。瀬戸内海の環境問題や聾唖者裁判、イランイラク戦争など四つの戦争の取材にあたる。90年の産廃不法投棄スクープを皮切りにした長期間の香川県・豊島報道はTBS系の「ニュース23」「報道特集」などでたびたび全国放送され、中坊公平氏の島民の弁護活動とともに97年菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。