南海の海鷲たち―南西方面の日本海軍航空隊

個数:
  • ポイントキャンペーン

南海の海鷲たち―南西方面の日本海軍航空隊

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 13時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 128p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784499231442
  • NDC分類 397.8

内容説明

連合国軍の本格的な反攻作戦が始まった昭和19年1月から同年11月までの10ヶ月、毎日新聞の報道班員として南西方面と呼ばれた地域へ従軍した阿部徹雄氏の撮影による海軍航空隊貴重な写真を一挙公開。現存するネガから浮かび上がった画像は非常に貴重なものである。

目次

第1章 ハロン基地の水鳥たち―第934海軍航空隊
第2章 南西方面の零戦―第381海軍航空隊
第3章 Z1作戦と渾作戦に苦闘する七三二空陸攻隊―第732海軍航空隊
第4章 沖縄航空作戦、串良基地にて
海軍報道班員阿部徹雄の経歴と戦後

著者紹介

阿部徹雄[アベテツオ]
海軍報道班員

佐藤暢彦[サトウノブヒコ]
1957年、神奈川県生まれ。出版社勤務のかたわら、日本海軍を主体とした戦史研究を行なっており、とくに一式陸上攻撃機に関する造詣が深い

吉野泰貴[ヨシノヤスタカ]
1972年、千葉県生まれ。都内の民間会社に勤務のかたわら、海軍航空史の研究を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)