• ポイントキャンペーン

マス・マーケティングの発展・革新

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 259p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784495638214
  • NDC分類 675

内容説明

本書は、京都大学大学院経済学研究科で近藤文男教授の指導のもとで学んだ研究者・大学院生によって構成される京都大学マーケティング研究会の研究成果であり、前編著『日本企業のマス・マーケティング史』の続編として位置づけられる。

目次

第1部 市場創造とブランド(電気洗濯機の普及初期における三洋電機のマーケティング活動;高度成長期における衣服製造卸売業者のブランドの形成―イトキンとワールドの事例 ほか)
第2部 チャネル関係と小売業(市場不確実性縮減の論理―アパレル産業におけるQRシステムにみる市場不確実性へのアレキシブルな対応;自動車ディーラーにおける営業活動と営業担当者の技能の変化 ほか)
第3部 リレーションシップ・マーケティングの展開(北欧におけるリレーションシップ・マーケティング研究の展開とその背景―北欧学派を中心に;旅行商品に関するインターネット・マーケティングの展開―JTBを中心に ほか)
第4部 日本企業の国際マーケティング(国際マーケティング戦略の理論的検討―標準化、適応化、ハイブリッドアプローチ;日本ビクターの国際マーケティング ほか)

出版社内容情報

市場創造とブランド、チャネル関係と小売業、リレーションシップ・マーケティング、国際マーケティングについて考察する。