めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策

電子版価格 ¥1,123
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784484082226
  • NDC分類 049
  • Cコード C0040

内容説明

「シロップのなかは速く泳げるのか」「フロントガラスに衝突した虫の収集」「ジッパーにペニスがはさまったら」「思春期における鼻くそほじりについて」「もしもバッタが『スター・ウォーズ』を見たら」世界でいちばん奇妙な発見発明に挑戦!?これを読めばあなたも発明王になれる!かも。

目次

そもそもイグ・ノーベル賞とは何か?
日本の受賞者は意外と多い
傾向と対策1 だれでも疑問に思うのにあえて調べないこと
傾向と対策2 根気があればできる研究
傾向と対策3 意外と下ネタが多い
傾向と対策4 アンケートの実施だけでいけるものもある
傾向と対策5 トンデモ学説はけっこうウケる
傾向と対策6 鳥を対象にした研究が多い
傾向と対策7 意味不明の研究
傾向と対策8 常人の思いつかない発明
傾向と対策9 あまりお勧めできない研究
まだまだある!イグ・ノーベル賞
私的エグ・ノーベル賞

著者紹介

久我羅内[クガラナイ]
1955年生まれ。専修大学卒。科学ライター。世の中の奇妙な科学、ヘンテコ事例を収集中。テレビ番組の企画・リサーチも担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)