ハムステッドの路地を歩けば―節約しながら優雅に過ごすロンドン

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハムステッドの路地を歩けば―節約しながら優雅に過ごすロンドン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 07時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480815200
  • NDC分類 293.33

内容説明

仕事もふだんの暮らしも忘れて旅先で過ごすひととき。そのためにこそ人生はある。ほんの少しの贅沢と冒険が許される時間は今日も過ぎてゆく―。英国情報誌の編集長が綴るロンドン滞在みぎ・ひだり。

目次

ハムステッドの小さなわが家(いにしえの旅篭屋と唐辛子スパゲティ;大型チェーン店と戦う痛烈なローカル誌;ガラクタ万歳!路地、横丁式の家づくり;手紙が散乱する共有玄関との戦い;ハンガリアンカフェのあんずパン ほか)
移民の街と大英帝国の名残り(英国一無礼な中華レストラン;冬のセール、朝五時開店に並ぶ人々;韓流!二食付き二〇〇〇円台の下町ホステル;無料博物館のメッセージ;インパネスの哀しい羊毛店)

著者紹介

井形慶子[イガタケイコ]
1959年長崎県生まれ。作家。出版社勤務後、外国人向け情報誌を創刊。28歳で出版社を興し、英国生活情報誌「ミスター・パートナー」を発刊。同誌編集長。50歳でロンドンに拠点を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)