ちくま新書
現場主義の人材育成法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480062383
  • NDC分類 336.47

内容説明

「若者に夢・希望がない」―そんな通説を覆すような、グローバルに考え地域を足場に行動するたくましい若者が育ちはじめている。「地方は衰退している」―そんな俗説をものともしない、地域経済の核となるリーダーが続々と誕生している。学校で、仕事場で、地域でどうやって人を育てるか。一番効果的なのは、「現場」の風にあて、最先端に触れさせ、彼らが自ら考え、動けるような環境作りをすること。これまで、労務管理あるいは教育論としてしか語られてこなかった「人材育成」「後継者養成」の本質を、三〇年にわたる著者の実践を通して明らかにする待望の書。

目次

序章 中国の「現場」で修業する女性後継者
第1章 「現場」が学生を変える
第2章 「私塾」と「現場」が人材をつくる
第3章 「地域」の「現場」が人材をつくる
第4章 「私塾」が「後継者」を変える
第5章 「最後尾」の「地域」が日本を変える
終章 「現場」に立って自分を「勇気」づける

著者紹介

関満博[セキミツヒロ]
1948年富山県生まれ。71年、成城大学経済学部卒業、76年同大学院博士課程修了。東京都商工指導所、専修大学助教授等を経て、一橋大学大学院商学研究科教授。経済学博士。地域産業論、中小企業論が専門。著書に『フルセット型産業構造を超えて』(中公新書、エコノミスト賞)、『空洞化を超えて』(日本経済新聞社、サントリー学芸賞)、『上海の産業発展と日本企業』(新評論、大平正芳記念賞特別賞)など多数がある